マンツーマン料理教室。ライブ型のオンラインレッスン・オンライン受講、準備完了!

オンライン料理教室,機材

<ライブ型>マンツーマン指導のオンライン料理教室が始まりました。

マンツーマン・プライベートレッスン専門の料理教室「キッチンスタジオK」。
その方に合った細かい指導をもっとうとしています。
「先生のコンセプトが素晴らしい!」と共感して下さる生徒さんも多く、
△ オンラインの料理教室では、細かい指導が出来ないのではないか?
△ オンラインにしてまで料理教室をやらなくても・・・
△ コロナ禍、もう既に多くの方がオンライン疲れしているでしょう・・・
なんて思いがありまして、今までは、オンライン受講はコンサルティング・相談のみ。本格的に料理を作るレッスンは行っていませんでした。

しかし、新型コロナウィルスの感染拡大で生活環境が変わり、当教室に通えなくなった生徒さん達から、
「私にとって先生のレッスンは、仕事が大変でも息抜きができる貴重な時間だとつくづく思います。」
「オンラインでレッスンが受けられるようになったら、本当にうれしい限りです!」
「オンラインのライブ型なら、短時間で1品でもかなり気分転換ができると想像できます。長い時間の場合は自分へのご褒美に活用できそうです。」
「オンライン料理教室!絶対参加したいです!!」
「先生のオンラインレッスン!それだけが今の楽しみです!」
「すごくワクワクしています~!」
という熱~い声を頂き
「これはやるっきゃないでしょ!!」と俄然張り切ってライブ型(=生徒さんと私が同時に別の場所で作る。リモートレッスン)のオンライン料理教室の準備に取り掛かった次第です。

満足度の高いレッスンの提供を心掛けています。

オンラインレッスンに参加した生徒さんの反応は・・・
「お店で食べるよりもやはりおいしいくて感動しました。あっという間に食べ終わりました。」
「ライブでのオンラインレッスンでは、自宅で作業をするからか自分の癖に気付きやすかったです。」
「プロとの違いを別の角度から改めて実感できました。」
「対面とは違う楽しみがあり、ライブのオンラインレッスンも満足度がとても高いです!」
「対面レッスンとライブオンラインレッスンのどちらもとても楽しいです。」
「オンラインで魚が下せるなんて感動です!」
「次回もすごく楽しみにしています!」
飲食業といいうサービス業に従事していますので、受講者さんに喜んで頂けることが本当に嬉しい。
私も生徒さんと共にオンラインレッスンを楽しんでいます。コロナ禍で見つけた新しい生活様式の1つです。

オンライン料理教室の行い方、お勧めの参加方法

<私のオンラインレッスンの行い方>
3台のカメラ(まな板・ガス台・私)を同時に使用。一人の生徒さんにわかり易く伝えています。
マンツーマンレッスンですから、内容は受講者さんのレベル・ご希望に合わせ、柔軟に対応しています。
海外の方も参加が可能。渡航経験を活かし、海外に住んでいる方でも作れる料理をご案内。
<お勧めの参加方法>
スマホでも良いのですが、画面が小さいので、画面の大きいタブレット、パソコンがお勧め。
手元などもしっかりみて欲しい方は、スマホなどを固定できるホルダーがあると両手が使えるので、便利。
こちらから見やすいカメラの角度なども細かく教えますので、技術的な部分も安心。
ネットの環境も大事なので、よりよき環境の場所でご参加下さいませ。

オンライン料理教室参加方法

オンライン料理教室、ご興味のある方はこちらのページをご覧下さいませ。
様々な理由で<対面式>リアルなマンツーマン・プライベートレッスン料理教室に参加できない。事前にレッスンの打ち合わせがてら、お互いに環境のチェック行います。Zoomが苦手な方も安心してご参加頂けます。オンライン料理教室でお会いできることを楽しみにしています!

コロナの影響と料理教室

コロナの影響でオンラインレッスンを取り入れている料理教室も徐々に増え、
料理教室検索サイトが主宰する講座や他の料理の先生が行っている「オンライン料理教室の始め方講座」もかなり見かけます。

私は直に答えを求めるタイプではなく、そこへたどり着くまで様々な模索をして、自分独自のオリジナル性出していくタイプ。単なる真似になってしまいがちなことは避けたい。

とは言え、何かしらのツールはしっかり使いこなせないといけないと思い、ストアカでZoom講座を受講。
ストアカご存知ですか?
眺めていると本当に色々な講座があって面白いです。入会金なし。単発レッスン。様々なジャンルの多くの先生方がいらっしゃいます。
自分が何かを習うときは『きちんとした実績を持たれている方に教えを乞いたい。』と思っています。
私が選んだ講座「Zoomで登壇する講師におすすめ。オンライン講師養成講座。初級と中級」
講師の森内先生は、多くの企業さんを対象に登壇した経験をもとに、わかり易い資料で楽しく教えて下さいました。
ZoomはYouTubeやネットでもかなり詳しくレクチャーされていますが、やはり有料の講座は良いです!
ネットサーフィンをするより合理的で、時間の節約が出来ます。
一方方向の情報取得ではなく、きちんと教えてもらうことにより、自分も生徒さんに、ズーム操作を自信を持って答えることができます。
顔を出したグループ講座なので、初めはちょっと躊躇しましたが、始めてみると簡単に遠くの方との繋がり、遠くても近く感じる。共に色々と学べる。パソコンの前にいながら、様々な価値観に触れることもでき、とても楽しかったです!大人になってからの自由度の高い学びは楽しいですね。
自分自身も生徒さんに、リアル対面レッスンと同等、それ以上に?楽しんで頂けるようオンライン料理教室講座を開催しようと思いました。

料理の指導がメインですから、パソコンやカメラなどの機器操作は当たり前にサラッとこなしたいです。
森内先生の講座で学んだことを活かし、自分なりの創意工夫を加えました。この辺が自営・フリーランスの醍醐味かと楽しんでいます。

マンツーマン料理教室・お金をかけないオンラインレッスン機材の準備

ネット検索すると、世の中のオンライン化に伴い、以前よりかなり情報が充実。
アフリエイターやユーチューバーの方々の情報配信力に驚くと共に感謝です(笑)
通常の対面レッスンと変わりなく、生徒さんにわかり易く伝えたい。
かといって高い機材の購入はコンサル業も行う経営者としての感覚が許さない。
どのような機材を使用するかというのは、キッチンのスペースによります。
これからオンライン料理教室を始めたい、高い機材の購入はちょっとと思う方は
自分の頭の中でシュミレーションをしたり、絵にかいてみたりして、自分が料理を作るのに邪魔にならない方法を考えると無駄なくできます。
私が新たに購入したものは、2~4。だいたい1万円で揃えました。
1、パソコンのカメラ、スマホを2台。(元からあるもの)
2、三脚の代わりにコの字型スタンドとクリップ型のスマホホルダー(ライト付き)
3、マイク(ワイヤレスでも有線でも使用可能なタイプ)
4、バーチャル背景用の緑布(なくてもOK。あれば便利)

  • パソコンやスマホ、ウェブカメラ
  • ZOOMが使えるスペックか?Zoomの公式サイトでチェック。
    スマホをウェブカメラとして使用することができるアプリも色々と出ているそうで、
    私は「IVCAM」というものを使用。
    タイムラグなしで非常に使い勝手は良いです。
    Zoomをレクチャーしてくれた 先生は「ドロイド」というアプリを紹介してくれました。
    新しいスマホの解像度は中途半端な値段のウェブカメラより良いとのこと。スマホで食材の色、器の色合いなどは十二分に伝えられます。
    光が足らないところはクリップ型のライトを使用。暗く見えがちな鍋の中はこれで十分に明るく映ります。

  • カメラを支えるホルダー
  • 三脚は我が家のキッチンには適さないので、使用していません。恐らく自分で躓いたり、蹴飛ばしたりしそうです(笑)
    我が家のキッチンスペースでは、コの字スタンドとクリップ型のスマホホルダーが丁度良かったです。

  • マイク
  • マイクは鍋の中の音や私の声が生徒さんに伝わりやすいように購入。ワイヤレスで知識がなくても素人でも接続できるタイプ。有線にもなりますが、作業に邪魔なのほぼワイヤレスで使用。
    非常に音声も良く、使い勝手も良かったです。

  • バーチャル背景画像用の緑の布
  • これはなくても良いのですが、背景画像が綺麗に映るのでちょっとした気分転換、息抜きができます(笑)
    デメリットは負荷が大きい。バーチャル背景があると、画面がブレたりします。(恐らく私のパソコンのスペックも1つの原因)ブレ始めると当然生徒さんに見ずらいものとなって落ち着かない。
    調理作業をしない、オンラインコンサルティング・相談には話のネタにも良いかなと思っています。

    関連記事

    1. 海外を訪れて思うこと。

    2. 灰干しの干物、サンライズホテル銚子、レストラン、椿、朝食

      アフターコロナ対策で生き抜く飲食店とオリジナル性。

    3. インバウンドビジネスについて思うこと:京都編

    4. 銀座でランチバイキング。コロナウイルスの影響で・・・

    5. 新型コロナウィルスの影響下でも生き残る飲食店とは

      新型コロナウィルスの影響下でも、生き残る飲食店とは?

    6. 夏野菜、和サラダ、塩こんぶ、鰹節

      オンラインなら可能!海外からも生徒が訪れるマンツーマン料理教…