本文へスキップ

和食研究家(日本料理研究家)/神田麻帆は、商品開発/メニュー開発/レシピ提供を得意とする料理家です。

ホリスティック栄養学(Holistic Nutrition)とは?concept

ホリスティック栄養学は、栄養学の本場アメリカからきた最新栄養学。

店内イメージ

ホリスティック栄養学は1980年代から注目されている
酵素栄養学を通し、
・食べ物と栄養
・心と体の関係
・体の仕組み/体のメカニズム
これら3つを総合して考える栄養学。  
ホリスティック:全体的なという意味。
英語のホール(whole)[全体・統合]」が語源。
写真:卒業生代表スピーチ:ホリスティック・カレッジ・オブ・ニュートリション卒業式にて
米国NTI(Nutrition Therapy Institute)認定栄養コンサルタント資格取得

「食べ物と栄養」5大栄養素(炭水化物・タンパク質・脂質・ビタミン・ミネラル)の知識やカロリー計算だけでは、健康を維持したり、病気を治すことはできません。

料理イメージ

同じものを食べたとしても、遺伝子や生活習慣の違いから、同じ結果になるとは限りません。
食べ物の消化・吸収には個人差があるからです。
例えば、タンパク質を多く含んだ食材を好んで食べる傾向にある人は、年を重ねるにつれ、タンパク質消化酵素が少なくなっていることが予想されます。
その少なくなった消化酵素で食べ物を消化しようとすれば、身体にとっては大きな負担です。
栄養素をうまく吸収できない。
アレルギーを引き起こす原因の1つにもなるのです。

「体の仕組み(体のメカニズム)」
食だけでなく体に関する様々な知識をもち、食べたものが体に入り、
最終的にどのように作用するのかという体の仕組みを知らなければ、
誰かを健康に導いたり、自分自身も健康になることは出来ません。

料理イメージ

糖質制限、マクロビ、菜食主義、健康に重点をおいた食事法は沢山あります。
大事なことは、その食事法がその人の体(体質)にあっているのかということです。
誰かの体にあったものが自分の体に合うわけではありません。またその逆も言えるのです。
なぜその食材を食べるのか? どうしてそのような調理法をするのか?それは体にどのような影響を及ぼすのか?それらの理由を自分自身できちんと理解し、
理論づけて人を納得させることが出来る。
体の仕組みを知り、ボディタイプ(体質)を知ることがとても重要です。

「心と体の関係」心の状態は食べた物の消化/吸収に大きな影響を与えます。
心と体はつながっているのです。ホリスティック栄養学は「心と体の相関性」にも重点をおいています。

食材イメージ

一人の同じ人間であっても、その日の精神状態や様々な状況によって、摂取した食べ物の消化・吸収の度合いは変わってきます。
ストレスを感じ、副交感神経より交感神経が活発に働いていると、消化酵素はうまく働かないのです。
どんなに体に良い食べ物でも、その食べている人がストレスを感じ、食べさせられている、納得いかず嫌々食べているのであれば「猫に小判」です。
良い結果にはつながりません。
毎日の食事は、作っている人間の自己満足であってはいけません。


店舗イメージ

shop info.店舗情報

和食研究家(日本料理研究家)/神田麻帆

Office:東京都港区赤坂6-10-39
キッチンスタジオK/教室:
    東京都立川市泉町


  • はてなブックマークに追加
  • 和食研究家(日本料理研究家)/神田麻帆

eiyoukonsal.htmlへのリンク